大阪なんば タニ矯正歯科クリニック

大阪なんば、矯正歯科の専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、大人と子供の矯正治療、ご相談にもわかりやすくお答えします。

タグ:6歳

5
 はじめまして。
 6歳年長の息子のことでご相談させてください。
 かかりつけの歯科で下顎の左右1番が先欠と分りました。上顎はもしかすると左右の5番が先欠では??ということです。このような場合は、やはり矯正が一番いい方法でしょうか。
 かかりつけの歯医者さんは下顎のBが抜けるころにAも抜歯し、矯正をするのがいいのでは?とおっしゃっています。
 また、私の母が通う歯科医にはインプラントか、乳歯は残し、いずれブリッジに。と言われ、子供のためにはどれが最善かがわかりません。
 専門の先生の意見が聞きたくて、ご相談させていただきました。
 こんなことになり、息子に申し訳ない気持ちでいっぱいです。 

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によると、お子様は下顎の中切歯(1番)が2本先欠しているとの事ですね。
 歯の先天的欠如は時々見られますが、遺伝的な要因や現代人においては歯が少なくなる傾向がある事が言われています。欠如の本数は1本から10数本に及ぶ事もあります。
 お子様は、上顎の5番(第二小臼歯)の先欠も疑われるとの事ですが、矯正専門医では矯正治療を開始する前に必ず検査を行ないますので、その事も事前にハッキリと解ります。ただ御心配されているお子様の将来にわたる治療についてですが、私の所では、この様なケースの場合、先ずはお子様の現在の状態を検査により把握して咬み合せや顎の関係の不正なども含め、考えながら永久歯へのスムーズな交換と顎の成長をうながす治療(第一段階矯正治療)を行なっております。
 お子様は歯の数が足りない訳ですから、そのスペースを咬み合せの上からも 考えて、
(1)矯正治療により自分の歯でスペースをとじる。
(2)矯正治療により正しい咬み合せにした後、顎の成長を待って、スペースをブリッジにより治療をする。
(3)矯正治療後顎の成長を待ってスペース部にインプラントを植立して治療する。
  などの方法が考えられますが、どの方法が良いのかはその患者様の症状やこれからの顎の成長などにより異なって来ます。
 ただ、先を見通せる経験豊富な矯正専門医の先生に矯正治療をして頂くのが良いと思われます。
 ですから先ずは矯正専門医の先生に診査の上御相談をされるのが良いのではないでしょうか。
 よろしければ御参考までに、私の所のホームページの症例の中にも先欠のケースが有りますのでそれらを御覧下さい。その上で御相談を御希望でしたら御電話で御予約の上御相談にお越し下さい。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 はじめまして、6歳の子供です。
 受け口気味と言われました。
 前歯永久歯3本を矯正する必要があるようです。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。 
 お子様は6歳との事ですので、6歳臼歯(第一大臼歯)ならびに上下の前歯が萌出(出てきている)頃かと思われます。
 一口に受け口と言っても骨格性のもの、習慣などによる機能的なもの、歯性のものなど原因などによりさまざまです。
 ですから、その治療や対応もその患者さんの原因により異なってきます。
 特にお子さんの様に年齢が低くこれから骨格も成長して来る方の場合には、更に重篤になったり顔立ちにも影響してくる場合があります。
 ですから、先ずは矯正治療経験の豊富な専門医の先生に御相談される事だと思います。 
 私の所では、患者さんのお口の中などを診査したうえで、御相談に約30分かけておりますので、前もってお電話で御相談の御予約を頂いております。


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5

3
 6歳の娘について相談いたします。

 下の前歯2本が永久歯に生え変わりましたが、手前から見て「ハ」の字のような生え方をしています。両隣はまだ乳歯なので、抜けてしまえば正常な生え方に変わるのかもしれませんが、心配なのでご相談する次第です。
 また、矯正をするとしたら、やはり全ての歯が生え変わってからの方が良いのでしょうか?
 お忙しいところ大変恐縮ですが、よろしくお願いします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お子様は6歳との事ですので奥の6歳臼歯(第一大臼歯)が萌出したり、前歯が永久歯に交換して来ている時期ですね。送られて来た写真を見ますと、下顎の2本の永久歯は出るためのスペースが不足しているために捻じれて(捻転して)生えて来ていますね。後から生えてくる永久歯はほとんどの歯が(一部異なる歯もありますが)乳歯よりもサイズが大きいために、交換期近くになると顎も大きくなり、どちらかと言えば乳歯の間にスペースがある、すきっ歯になって来ます。これによりうまく交換して歯が並ぶわけです。
 しかし、この時期になってもあまり隙間のない子供の場合は、永久歯がそろって来るとガタガタな乱杭歯(叢生)と言われる状態になってしまいます。お子様の写真を見ますと隙間の無いこの様な状態ですね。ですから、将来叢生になる可能性が高いと思われます。
 また、上顎の幅が狭く、顎の上の部分(口蓋)が深くなっていますので、指しゃぶりを長くされていたか、今もされているのではないでしょうか?そうだとすれば、それもやめさせなければなりません。
 ただ、お子様はこれから顎も成長して来ますからこれらを管理しながら、永久歯への交換がうまく行く様に、あるいは悪くなる度合を少しでも下げる様に治療をしていく早期矯正治療(第一段階治療)が必要だと思われます。
 ですから、先ずは矯正専門医の先生に御相談をされては如何でしょうか。早期矯正治療については、よろしければ私のところのホームページを御参考までにご覧下さい。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

 はじめまして。
 6歳の息子の受け口のことでご相談したくメール致しました。
 画像は先ほど送付済みです。
 乳歯の生え始めよりずっと受け口でしたが、自治体の検診で「奥歯が生えるまで様子見で。」とずっと言われていましたので、そのまま放置していました。
 奥歯が生え始めたため、近隣の歯科医に相談したところ、まず「ムーシールド」での治療を薦められました。
 年齢、程度を考えた場合、ムーシールドで完治する可能性はあるのでしょうか?
 また、今治療を始めるべきなのでしょうか?
 さらに、別の治療法があるのでしょうか?
 ぜひ、先生のご意見をお聞かせください。
 なお、息子は、家族性(父も幼少期に受け口だった)。骨格性。程度がきついそうです(イーとされると完全に下前歯で、上前歯が隠れてしまいます)。
 以上、お忙しいところ大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 画像が届いていないのが残念ですが、文章から判断してお答えします。
 お子様は6歳で受け口(反対咬合)との事ですが、上下の前歯はすでに永久歯に交換しているのでしょうか。年齢的にはそろそろ上下の真中の歯と6歳臼歯が萌出する頃だと思われます。この段階で反対咬合でしたらすぐに早期矯正(第一段階矯正)治療を考えた方が良いでしょう。それでないとお子様の上顎の成長を抑制してしまうなど重篤な症状を引き起こしてしまったりします。
 また、お父様も子供の頃受け口で在ったとの事ですので遺伝的な要因も考えられ、現症の改善とその後の下顎の成長を観察して行くなど長期の治療(観察のみの期間も含め)になるかもしれません。
 装置は患者様の症状や年齢、担当医のお考えにより変ってきますので詳しく検査をした上で決まります。ムーシールドは沢山ある装置の1つだとお考え下さい。
 お子様の場合は、とにかく早期矯正治療が必要ではないかと考えますので、矯正専門医の先生に御相談されることかと思います。
 尚、よろしければ早期矯正(第一段階矯正)治療やその症例について私の所のホームページを御覧下さい。 


矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

5
 6歳の息子の反対咬合でムーシールドを約1年前より付けています。
 ネット上で3歳児がムーシールドを付けて、約1年で劇的に改善されている写真を見ました。
 息子は約1年付けていますが、私の判断ですが良くなっているようには見えません。
 5歳で始めたのは遅かったのでしょうか?
 2年、3年と続けていれば改善されていくのでしょうか?
 もうすぐ3歳になる弟も反対咬合で、同じ矯正歯科に通ってますが嫌がって口を先生に診せません。嫌がらなくなる年齢(5歳)まで待ってからでは改善される期間に大きく違いはでるのでしょうか?

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 反対咬合の患者様に対してムーシールドを使用して機能的な改善を目的として治療される場合もありますが、これがすべて万能かと言うとそうでもありません。
 上のお子様は6歳との事ですので、そろそろ奥の6歳臼歯(第一大臼歯)が萌出したり、上下の前歯が永久歯に交換して来ている頃だと思われます。上下の前歯が永久歯に交換した時点で反対咬合であれば、もう少し積極的に歯を動かす治療を考えなければいけないのではないかと思われます。
 私の所では反対咬合の場合、一般的に上下の前歯が永久歯に交換(上下各2本)する時期まで観察を続け、その時点でも反対咬合であれば矯正治療(早期矯正治療・第一段階矯正治療)を開始しております。ただ、低年齢であっても悪習慣などがありそれらが原因で反対咬合を起こしていたり、さらに悪化させると考えられる場合は、この時点から治療を開始する場合もあります。
 下のお子様の様に年齢が低い方の場合、私の所では先ず一度診せていただいた上で定期観察を行ないながら、ブラッシングなど口腔衛生指導を行ないながら、診療室の雰囲気にも慣れていってもらっております。その上で治療の必要な時期が来ましたら、ご説明の上治療に入って行っております。御兄弟の場合、上のお子さんの治療についてこられ、時々一緒に診せて頂いている方も何人かおられます。
 早期矯正治療(第一段階矯正治療)やその症例について、よろしければ私の所のホームページを御参考までに御覧下さい。また、お役に立てる事がございましたら御相談下さい。


矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

↑このページのトップヘ