顎が左右非対称にズレているせいか、うまく発音できません。
 タ行、ナ行、ラ行など、舌先を使う発音が苦手です。
 本来、歯ぐきの裏側に舌をつけて発音するらしいのですが、歯茎の裏と硬口蓋の間に大きな“隔たり”を感じて、舌先の位置が安定しません。
 これは上顎(歯)の形状が悪いからなのでしょうか?

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 舌を含めお口の環境が発音に与える影響に関しては色々な事が言われています。歯並び、舌の大きさ、舌小帯の大きさや付着位置、発音時の舌の習慣など様々な要因が重なっています。
 ですから発音の改善にあたっては形態的な治療だけではなく舌のトレーニングなどが必要になると思われます。
 ただし、習慣性のものを含む場合などはなかなか難しく、目に見える様な改善が認められない事も多いようです。

お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例