タニ矯正歯科クリニック

四ツ橋筋の本町駅、23番出口を南へ100m、JL(ジェーエル)ビル2階。 矯正歯科の専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医。 大人と子供の矯正治療、ご相談にもわかりやすくお答えします。

タグ:早期矯正治療について

 こんにちは。
 孫の受け口の矯正希望です。
 孫は小学2年生(7歳) 男の子。父も受け口。
 受け口の早期矯正治療(第一段階矯正治療)する場合、どんな治療方法なのでしょうか?
 ムーシールド?、フェイスマスク?とか、どのような器具を使うのでしょうか。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお孫さんが受け口で矯正治療をお考えとの事ですね。
 お父さんも受け口との事ですので遺伝的要因が考えられます。
 特に骨格性の場合は思春期まで下顎が成長 しますので今小学2年生との事ですので長期間の治療、観察が必要です。
 男性の場合、だいたい17、8~20歳位まで下顎が成長すると言われています。ただ、お孫さんはまだ混合歯列(大人の歯と子供の歯が混在している時期)ですので、お考えの様に先ず早期治療(第一段階矯正治療)をスタートさせて 現在の状態を改善し、更なる憎悪を防ぐ事が必要です。
 それで上手くいけば 良いですし、もし将来本格矯正治療(第二段階矯正治療)が必要になった場合でも、将来での治療結果が随分と変わって来ます。 
 一口に受け口と言っても、その症状や程度、原因は様々です。
 ですから、治療に当っては先ず詳しく検査をしてその結果により患者さんに適した装置、方法を選択して治療して行きます。装置としてはおっしゃておられる様な装置、方法などがありますが検査の結果により先生が患者さんの原因、状況、年齢などを考慮して選んで治療して行きます。 
 ですから、装置も1種類だけでなく段階で変わって行くこともあります。
 特に受け口の場合は、治療が長期に及ぶ場合が多いですので豊富な経験を積んだ矯正専門医の先生に御相談をされるのが良いと思われます。


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 こんばんは、私の6歳になる子供ですが、下顎の前2本が斜めに生えています。乳歯の時も多少は斜めでしたが保育園の診察で歯医者さんに行くようにと言われました。
 診察をしないと分からないと思いますが、自然には治らないですか?
 すみませんがお願いします。

こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お子様は、現在6歳との事ですので、6歳臼歯(第一大臼歯)や上下の真中の歯(中切歯)が萌出して来ている頃だと思われます。
 ご相談の下顎の中切歯がどの様な状態なのか、どの様な理由でそうなって来ているのか、今回の御相談内容からだけでは解りません。
 ただ、歯の大きさと歯を並べる顎の大きさのアンバランスや、その他なんらかの原因がある場合には自然に治る事はないと思われます。
 とにかく、先ずは矯正専門医の先生に御相談をされる事です。
 早期矯正治療が必要か、しばらく様子を見るかは先生の判断によりますので、御相談の時によく お聞き下さい。
 尚、お子様は時期的には早期矯正治療の時期に当りますので、よろしければ私の所のホームページの早期矯正治療とその症例を御参考までに御覧下さい。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

5
 こんにちは。
 孫の受け口の矯正希望です。
 孫は小学2年生(7歳) 男の子。父も受け口。
 受け口の早期矯正治療(第一段階矯正治療)する場合、どんな治療方法なのでしょうか?
 ムーシールド?、フェイスマスク?とか、どのような器具を使うのでしょうか。

こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお孫さんが受け口で矯正治療をお考えとの事ですね。
 お父さんも受け口との事ですので遺伝的要因が考えられます。
 特に骨格性の場合は思春期まで下顎が成長 しますので今小学2年生との事ですので長期間の治療、観察が必要です。
 男性の場合、だいたい17、8~20歳位まで下顎が成長すると言われています。ただ、お孫さんはまだ混合歯列(大人の歯と子供の歯が混在している時期)ですので、お考えの様に先ず早期治療(第一段階矯正治療)をスタートさせて 現在の状態を改善し、更なる憎悪を防ぐ事が必要です。
 それで上手くいけば 良いですし、もし将来本格矯正治療(第二段階矯正治療)が必要になった場合でも、将来での治療結果が随分と変わって来ます。 
 一口に受け口と言っても、その症状や程度、原因は様々です。
 ですから、治療に当っては先ず詳しく検査をしてその結果により患者さんに適した装置、方法を選択して治療して行きます。装置としてはおっしゃておられる様な装置、方法などがありますが検査の結果により先生が患者さんの原因、状況、年齢などを考慮して選んで治療して行きます。 
 ですから、装置も1種類だけでなく段階で変わって行くこともあります。
 特に受け口の場合は、治療が長期に及ぶ場合が多いですので豊富な経験を積んだ矯正専門医の先生に御相談をされるのが良いと思われます。

矯正友割
タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

↑このページのトップヘ