子供が学校の検診で不正咬合を指摘されたのですが、今小学3年なので乳歯と永久歯が混在してるので、永久歯がそろうまで待った方がいいでしょうか。
 それとも、今すぐに治療を始めた方がいいでしょうか。
 教えて下さい。

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。 
 矯正治療の開始時期に関する質問はよく受けますね。 
 以前は一般歯科の先生の中にも永久歯列が完成してから(永久歯が生えそろってから)と言われる先生もおられましたが、それでは悪性な状態がひどくなってしまっている。あるいは顎の成長が終わってしまっているので本格矯正治療をしても効果が今ひとつ。顎の成長を利用した治療が出来ないなどの事があり、今では早期矯正治療(第一段階矯正治療)そして本格矯正治療(第二段階矯正治療)と言う2段階治療が行われています。
 ただ、患者さんによっては本格矯正治療からスタートの方もいます。 
 その患者さんは、いずれの方が良いのかなどは、やはり矯正専門医の先生に診てもらってからですね。 
 ですから、先ずは御相談に行かれる事からスタートしましょう。
 貴方や貴方の家族のgood life のために!


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝