大阪なんば タニ矯正歯科クリニック

大阪なんば、矯正歯科の専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、大人と子供の矯正治療、ご相談にもわかりやすくお答えします。

タグ:受け口(反対咬合)

5
 初めまして。
 11歳の息子の受け口の事でご相談したいのですが、最近上の前歯が下の前歯の歯茎の内側に当たって、食事をすると痛むというのです。
 受け口であることを気にはなっていたのですが、費用の面と外見を気にして思案していましたが痛むと食事にも影響してきますし発音も気になってご相談いたしました。
 また、あまり良く知らないのですがムーシールドと言うものは使用できるのでしょうか?
 因みに父親が受け口です。
 よろしくお願いします。

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお子様は受け口(反対咬合)だと言うことですね。それにお父様も受け口だとの事ですので遺伝的要因が考えられます。
 一般的に反対咬合の原因として
 (1)遺伝的要因
 (2)機能的要因
 が考えられます。
 お子様の様に遺伝的要因が考えられる場合は、骨格性反対咬合となる場合が多いため出来るだけ早期に矯正治療を開始する事により、その増悪の度合を抑える事が大切だと考えられます。
 そうしなければ咬み合せは勿論の事、口元や顔だちなどにも悪い影響を与えてしまい治療が難しくなってしまったり、時には外科手術が必要になる事もあります。
 ただ、お子様の現在の状態や原因については今回の御相談内容からでは分りませんので何とも言えません。また、治療方法や装置については詳しく検査をした上で決定されます。
 ムーシールドは現在使用されている装置の1つではありますが、反対咬合に全て有効だと言う訳ではありません。装置にはそれぞれ利点、欠点や適用、否適用がありその患者様の治療に適した装置を有効な時期に使用しなければなりませんし、それを判断するのが専門医による診断ですから、安易に受け口だからこの装置などと考えないで、費用は掛かりますが正しい治療をお考えになられては如何ですか。それでないと大変な間違いをしてしまう事もあります。大切な体の事ですから。
 とにかく、先ずは十分な経験を持つ矯正専門医の先生に御相談をされてみては如何でしょうか。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
01
 
初めまして、よろしくお願いします。
 矯正単独で治るでしょうか?

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 送られて来た写真ではハッキリと解らないのですが、貴方はいわゆる受け口(反対咬合)だと思われます。それに上顎の歯並びの幅(歯列弓幅径)も狭いのではないかと思われます。
 反対咬合においても歯が原因している歯槽性のもの、骨が原因している骨格性のもの、そしてその合併症があり、これは詳しく診査や検査をしてみなければ解りません。それにより矯正治療のみでいいのか、他の方法も併用しなければならないのかが決まります。
 ですから貴方も一度矯正専門医の先生に御相談をされてみては如何でしょうか。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 1歳4ヶ月の子どもがいます。現在、前歯の8本と第1乳臼歯が生える途中ですが、その段階で前歯が反対咬合で完全に下の前歯が上の前歯の前にかぶさっています。歯が生える途中の段階なので・・と思っていますが、食事中に時々ですが歯軋りのように擦れる音がするので、心配です。
 まだ治療などと考える段階ではないのかもしれませんが、何か気をつける事があれば伺いたいと思いご相談いたします。特に今は気にせずに成長するのを見守ればよいのでしょうか?

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お子様は今乳歯が生えそろって来ているところですね。ただ、すでに受け口(反対咬合)だとの事ですが、年齢的にまだ低年齢ですので今すぐに治療と言う事は無理だと思われます。
 反対咬合の原因として(1)遺伝的要因 (2)習慣など機能的要因 が考えられます。御両親やその御家族の中に反対咬合の方がいらしゃれば早い時期からの治療を考えなければなりません。ただ、乳歯の歯並び(乳歯列)が完成するのが2歳半前後と言われていますので、その頃に一度矯正専門医に御相談をされては如何でしょうか。
 また、機能的な要因が考えられる場合は、その悪習慣をやめさせたり原因を除くように(例えば、下の歯を出来るだけ後ろで咬ませたり)し、乳歯列完成まで様子を見られ、乳歯列が完成した時点でも反対咬合であれば矯正専門医に一度御相談されては如何でしょうか。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

5
1
 こんにちは。

 私は真顔の時はまだ平気なのですが、笑うと顎がボコッと出る感じになってしまい、横から見るとしゃくれてしまっていて人から指摘されたこともありコンプレックスになっています。
 それと少し顎がゆがんでいる様な気もします。
 学校の歯科検診などでは指摘された事がない程度なので、やはり保険はきかないのでしょうか?
 また、治療方法やだいたいの値段なども教えていただきたいです。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 送られて来ました写真だけでははっきりとは解りかねますが、お顔を正面から見て下顎が少し右にふくらんだ感じがしますが特に異常などといった感じではないと思われます。
 また、歯の咬み合わせを見ますと(写真による情報が少ないので少し想像してみた所も有るのですが。)上顎の歯の並びの幅(歯列弓幅径)が少し狭いように思われますし、下顎でも歯の重なりが見られます。それに、上下の前歯が先と先で咬み合う切端咬合ぎみですので受け口(反対咬合)の傾向が有るのかもしれません。
 ただ、これは詳しく検査をして見なければ解りません。気にされている顎の先端(オトガイ)の件ですが、横からの写真で見ると、その傾向がある様には思われますが貴方の個性の範囲ではないかと思われます。美人の顔にも流行があり、少し前までは笑うとオトガイが尖って見えるモデルさんを多く雑誌で見た様な気がします。ただ、貴方の咬み合わせを考えると矯正治療をされた方が良いと思います。治療により咬み合わせだけでなく口元の感じも少し変化するかもしれません。ただ、オトガイの形を大きく変えるとなると手術が必要になる場合もあります。
 ですから、それらの事を一度矯正専門医の先生に御相談をされては如何でしょうか。治療費は患者様の状態や先生により異なりますし、保険の適用は先天的異常や顎の大きな変形など限られた方だけですのでこのあたりの事も御相談の時にお聞き下さい。治療方法矯正料金(費用)については、もしよろしければ私のところのホームページを御参考までにご覧下さい。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

5
 初めまして。
 11歳の息子の受け口の事でご相談したいのですが、最近上の前歯が下の前歯の歯茎の内側に当たって、食事をすると痛むというのです。
 受け口であることを気にはなっていたのですが、費用の面と外見を気にして思案していましたが痛むと食事にも影響してきますし発音も気になってご相談いたしました。
 また、あまり良く知らないのですがムーシールドと言うものは使用できるのでしょうか?
 因みに父親が受け口です。
 よろしくお願いします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。

 ご相談によるとお子様は受け口(反対咬合)だと言うことですね。それにお父様も受け口だとの事ですので遺伝的要因が考えられます。
 一般的に反対咬合の原因として
 (1)遺伝的要因
 (2)機能的要因
 が考えられます。
 お子様の様に遺伝的要因が考えられる場合は、骨格性反対咬合となる場合が多いため出来るだけ早期に矯正治療を開始する事により、その増悪の度合を抑える事が大切だと考えられます。
 そうしなければ咬み合せは勿論の事、口元や顔だちなどにも悪い影響を与えてしまい治療が難しくなってしまったり、時には外科手術が必要になる事もあります。
 ただ、お子様の現在の状態や原因については今回の御相談内容からでは分りませんので何とも言えません。また、治療方法や装置については詳しく検査をした上で決定されます。
 ムーシールドは現在使用されている装置の1つではありますが、反対咬合に全て有効だと言う訳ではありません。装置にはそれぞれ利点、欠点や適用、否適用がありその患者様の治療に適した装置を有効な時期に使用しなければなりませんし、それを判断するのが専門医による診断ですから、安易に受け口だからこの装置などと考えないで、費用は掛かりますが正しい治療をお考えになられては如何ですか。それでないと大変な間違いをしてしまう事もあります。大切な体の事ですから。
 とにかく、先ずは十分な経験を持つ矯正専門医の先生に御相談をされてみては如何でしょうか。


矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

↑このページのトップヘ