矯正歯科大阪 タニ矯正歯科クリニック

大阪、矯正歯科、専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、矯正治療の相談をわかりやすくお答えします。

カテゴリ: 受け口

5
01
 
すみません、ケータイのメールのほうで質問しましたが、もう1度パソコンのメールでも質問させていただきます。
 僕は、受け口を直そうとしています。
 受け口を治したら、僕の弱冠しゃくれている顎も治るんでしょうか? 

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 送られて来た写真を見ますと、口元、特に下唇が突出していますね。
 お口の中の状態など今回の写真からでは分りませんが、受け口との事ですので、この事が影響しているものと思われ ます。
 ですから受け口(反対咬合)が改善されると口元の状態も改善されるものと思われます。
 ただ、下顎の形態は骨の問題になりますので形態自体は変わらないものと思われます。それを変えるとなると外科手術を併用した矯正治療が必要となります。そのあたりの事は実際に診査や検査をしてみないと分りません。
 ですから矯正専門医の先生に一度御相談をされてみては如何でしょうか。
 また、よろしければ御参考までに私の所のホームページの本格矯正治療やその症例などを御覧下さい。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
01
 
受け口の治療を考えて、ある矯正歯科に行ってレントゲンを撮って診てもらったのですが、外科手術が必要と言われました。
 長期の休みも取れないし、何より手術をするのが怖いので、手術するのなら治療自体を諦めようとも思っています。
 手術せずに治療するのは無理でしょうか?

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 送られて来た写真を見ますと貴方のおっしゃる様に受け口(下顎前突)を呈しており、さらに上下の前歯が上下的に咬み合っていない開咬状態 ですね。ですから、難しいケースかと思われます。 
 今回の写真からでは何とも言えませんが、御相談された先生のおっしゃる様に外科手術を併用しないといけないケースかもしれません。ただ貴方は外科手術をしたくないとの事ですね。でも現在の状態を何とか改善したいとの事だと思います。
 これらの事は私も診査などをしてみないと解りませんが、場合によっては外科手術を併用しないで矯正治療だけで前歯部において正しい咬み合せとまではいかないまでも、現在の状態をある程度のところまで改善出来る事も有ります。
 もちろん、その事を貴方が事前に納得された上での事ですが。 ただその事が可能かどうか、またどの辺りまでかは診査や検査をしてみなければ解りません。もしそこのあたりも含めお聞きになりたい様でしたらあらかじめお電話で御相談の予約をして頂いてお越し下さい。
 尚、御参考までによろしければ私の所のホームページの本格矯正治療とその症例などを御覧下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
正面の歯
 現在、11歳女子の歯の矯正を、五年前から近所の小児矯正歯科で矯正治療 しています。
 五年前に反対咬合、上顎劣成長(母親も同じ状態で16歳位から抜歯せず矯正しています)の診断を受け、プロトラクター(拡大床装置)を夜のみ装着して、三年前に顎の成長に合わせて装置を作り替えて拡大床装置を夜のみつけていますが、成長期に入り永久歯も揃えはじめ、来年から本格矯正を考える時期に入る事もあり、矯正主治医に相談したところ、抜歯が必要と言われています。
 顎の幅に比べ歯の大きくアンバランスとの事でした。
 抜歯せず矯正することができるかタニ先生に見て頂きたいです。
 よろしくお願いします。 

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 お子様は、上顎の劣成長と診断され今日まで治療をしてこられたとの事ですね。 
 送られてきた写真を見ますと、上顎が狭くそれに対して歯が大きい様に感じます。 
 詳しくは、検査並びに審査をしてみないと何とも言えませんが、お母様も反対咬合であったとの事ですので、遺伝性、骨格性の反対咬合が考えられます。 
 その場合、上下の顎の成長が落ち着いてから本格矯正をスタートする事になります。 
 下顎の成長が落ち着くのは個人差もありますが、13歳から15、6歳と言われています。 
 もちろん、男女差もありますので、経過を追って行ってる先生のご判断にもよります。 
 お子さんの写真をみますと、上顎は叢生がきつくEXTケースかなとも思いますが上下の顎の関係、上下の歯牙の関係、歯と顎の大きさの関係、下顎の成長の落ち着く時期などを考慮して抜歯するのか しないのか、抜歯するならどの歯にするのかなどを決めなければなりません。 
 ただ単に非抜歯がいいとか抜歯がいいとかではなく熟慮が必要です。 
 今回のご相談からだけでは、私は何とも言えませんが、これまでの経過や現在の状態をよくご存じの担当医の先生によくお聞きになり、その上で治療を考えらては良いのではないで しょうか。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
111
 
こんにちは!写真を送らせていただきました。
 わたしは、昔から歯並びがすごく悪くて矯正したくても勇気をふりしぼれなかったのですが、社会人になり矯正をしようかなと考え出しました。
 しかし、矯正の歯医者さんにいくと受け口なので、手術をしないといけないと言われたのですが、職種的にも無理なんです。と答えると、インプラント矯正で歯をひっぱる矯正をしないといけないといわれました。
 しかし、インプラントは高額なお金がかかると聞きますし、歯にネジをするのもいやです。わたしの歯は普通の矯正ではどうにかならないのでしょうか?
 友達が前にタニ歯科に行っていたみたいで、いいよと紹介していただきました。

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によると貴方は受け口だとの事ですが、そうだとしても年齢から考えて、今後、顎(下顎)の成長によりさらにひどくなる事はないと思われます。
 ですから先ず現在の状態を詳しく検査をして治療をしていく事になります。
 矯正治療においては、歯を並べている骨(歯槽骨)の中(範囲)において歯を動かすわけですが、上下の歯の咬み合せの関係においてその範囲を超える量を動かす必要がある場合や、側貌においてその改善を強く望まれる場合においては外科手術が必要になる場合があります。
 ですから貴方の現在の状態を知る事と治療法や装置、最も改善したいところなどをお聞きした上で考えてみるのが良いと思われます。
 先ずはお電話で御予約の上、御相談にお越し下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

 こんにちは。
 孫の受け口の矯正希望です。
 孫は小学2年生(7歳) 男の子。父も受け口。
 受け口の早期矯正治療(第一段階矯正治療)する場合、どんな治療方法なのでしょうか?
 ムーシールド?、フェイスマスク?とか、どのような器具を使うのでしょうか。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお孫さんが受け口で矯正治療をお考えとの事ですね。
 お父さんも受け口との事ですので遺伝的要因が考えられます。
 特に骨格性の場合は思春期まで下顎が成長 しますので今小学2年生との事ですので長期間の治療、観察が必要です。
 男性の場合、だいたい17、8~20歳位まで下顎が成長すると言われています。ただ、お孫さんはまだ混合歯列(大人の歯と子供の歯が混在している時期)ですので、お考えの様に先ず早期治療(第一段階矯正治療)をスタートさせて 現在の状態を改善し、更なる憎悪を防ぐ事が必要です。
 それで上手くいけば 良いですし、もし将来本格矯正治療(第二段階矯正治療)が必要になった場合でも、将来での治療結果が随分と変わって来ます。 
 一口に受け口と言っても、その症状や程度、原因は様々です。
 ですから、治療に当っては先ず詳しく検査をしてその結果により患者さんに適した装置、方法を選択して治療して行きます。装置としてはおっしゃておられる様な装置、方法などがありますが検査の結果により先生が患者さんの原因、状況、年齢などを考慮して選んで治療して行きます。 
 ですから、装置も1種類だけでなく段階で変わって行くこともあります。
 特に受け口の場合は、治療が長期に及ぶ場合が多いですので豊富な経験を積んだ矯正専門医の先生に御相談をされるのが良いと思われます。


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

↑このページのトップヘ