大阪なんば タニ矯正歯科クリニック

大阪なんば、矯正歯科の専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、大人と子供の矯正治療、ご相談にもわかりやすくお答えします。

カテゴリ: 子供の矯正治療

5
 7歳の子供の前歯1本は永久歯が生えたのですが、残り1本が生えず小児歯科でレントゲンを撮ってもらうと、過剰歯が見つかりました。局所麻酔をして歯ぐきを切って取り出す手術をするそうです。 
 最近、良く聞く口腔外科とは何ですか?
 口腔外科での手術の方が安全なのでしょうか?
 よろしくお願いします。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 過剰歯は時として上顎の真中の歯(中切歯)の間、特に根元(根尖部)に見られる事があります(正中過剰歯)。将来の事を考えて抜歯する事が多いのですが、骨の中に埋もれている(埋伏)場合が多く歯肉を切開して骨を除いて抜歯しなければなりません。
 歯科の中には一般歯科と呼ばれる歯科全般をされている先生の他に私の様に矯正歯科の専門医や抜歯や外科的な歯科治療を専門に行う口腔外科医などがいます。口腔外科は大学病院や総合病院などに在って主に外科的な歯科治療を行う所です。ですからそれらの治療経験が豊富な先生が居られると考えられます。その様な事から難しい親知らず(智歯)や埋伏歯の抜歯などは一般歯科の先生から紹介され口腔外科で抜かれる場合も多いと思われます。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 もうすぐ8歳になる子供の矯正について
 上の6歳臼歯が前の乳歯にひっかかり、出てこられません。(左右とも)しかも前の乳歯の根を吸収しているらしく、早くしないと前の乳歯が抜けるといわれました。
 矯正で歯を動かそうかと思うのですが、問題は夫の転勤です。おそらくあと3年、早ければ2年で転勤かもしれません。
 4件の矯正歯科で相談しました。
 1件は問題の2本のみの矯正で、期間は1年ぐらい、費用は15万ほど、後の3件は普通に矯正の説明されただけです。
 転居でお金が無駄になるのは分かっていますが、矯正はするつもりです。3年治療期間があると仮定し、何十万もかけて一次矯正をしたほうがいいのか、とりあえず問題の歯のみの矯正でいいのか悩ましいです。
 相談しても、転勤が前提の相談なので、あまり親身になってもらえませんでした。したいならしてください、といった感じです。
 現在は上が前歯2本、奥の臼歯2本、下は前4本、奥の臼歯2本の永久歯がはえています。歯並びは現在問題ありませんが、今の時点できちきちにはえているため、おそらくこれからの歯が多少ゆがむだろうと思います。
 最終的には自分で判断しますが、3年という期間は一次矯正するのには短すぎるのかどうか、全くの無駄になってしまうのか?分からない事だらけで困っています。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお子様は現在8歳で上顎の6歳臼歯(第一大臼歯)が前の乳歯に引っ掛かって上手く出て来れない状態との事ですね。第一大臼歯は永久歯の中でも最初に生える歯で咬み合せを決めるのにとても大切な歯と言われています。ですから出来るだけ早く上手く萌出させてあげる事が大切かと思われます。
 矯正(期間や治療)については先生によって色々な考え方がありますが、最終的なゴールは永久歯列において良い咬み合わせになる事です。乳歯から永久歯に交換するのは性別や個人差もありますが、小学6年生~中学生のはじめ頃と言われています。そして、その間は身体の成長(顎の成長)も著しく、咬み合せにとっても大切な時期です。この時期を利用して不正な咬み合せの改善や正しい咬み合せへ誘導してあげるのが早期(第一段階)矯正治療です。お子様は咬み合せにとって大切な6歳臼歯が不正な状態となって来ているのですから、早期矯正治療を考える必要があるのではないかと思われます。ただ転勤が考えられるとの事ですが、それまでに早期矯正治療が終了するかどうかは分りませんが、もし将来本格(第二段階)矯正治療が必要になった場合でもお子様の成長を利用した早期矯正治療の効果は十分に得られ、本格矯正治療においてもより良い治療結果が得られるものと考えます。
 また費用の件ですが、これも先生のお考えにより永久歯列の矯正治療まで全てを考えて設定している先生、私の様に早期矯正治療、本格矯正治療と分けて設定している先生、装置ごとに設定している先生など色々です。ただ、現在の不正の改善だけでなく永久歯列での正しい咬み合せを見据えて治療をされる矯正専門医、そして転勤などの際にも転医先の先生を紹介して下さる様な先生が良い様に思われます。
 もしよろしければ私の所のホームページの2段階矯正治療(第一段階矯正治療、第二段階矯正治療)やその症例などを御参考までに御覧下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 はじめまして。
 6歳の息子の受け口のことでご相談したくメール致しました。
 画像は先ほど送付済みです。
 乳歯の生え始めよりずっと受け口でしたが、自治体の検診で「奥歯が生えるまで様子見で。」とずっと言われていましたので、そのまま放置していました。
 奥歯が生え始めたため、近隣の歯科医に相談したところ、まず「ムーシールド」での治療を薦められました。
 年齢、程度を考えた場合、ムーシールドで完治する可能性はあるのでしょうか?
 また、今治療を始めるべきなのでしょうか?
 さらに、別の治療法があるのでしょうか?
 ぜひ、先生のご意見をお聞かせください。
 なお、息子は、家族性(父も幼少期に受け口だった)。骨格性。程度がきついそうです(イーとされると完全に下前歯で、上前歯が隠れてしまいます)。
 以上、お忙しいところ大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 画像が届いていないのが残念ですが、文章から判断してお答えします。
 お子様は6歳で受け口(反対咬合)との事ですが、上下の前歯はすでに永久歯に交換しているのでしょうか。年齢的にはそろそろ上下の真中の歯と6歳臼歯が萌出する頃だと思われます。この段階で反対咬合でしたらすぐに早期矯正(第一段階矯正)治療を考えた方が良いでしょう。それでないとお子様の上顎の成長を抑制してしまうなど重篤な症状を引き起こしてしまったりします。
 また、お父様も子供の頃受け口で在ったとの事ですので遺伝的な要因も考えられ、現症の改善とその後の下顎の成長を観察して行くなど長期の治療(観察のみの期間も含め)になるかもしれません。
 装置は患者様の症状や年齢、担当医のお考えにより変ってきますので詳しく検査をした上で決まります。ムーシールドは沢山ある装置の1つだとお考え下さい。
 お子様の場合は、とにかく早期矯正治療が必要ではないかと考えますので、矯正専門医の先生に御相談されることかと思います。
 尚、よろしければ早期矯正(第一段階矯正)治療やその症例について私の所のホームページを御覧下さい。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 子供が現在受験で頑張っているんですが、大学に受かったら学生の間に矯正治療をしてあげたいと思っていますが、4年間で治療が終わるでしょうか。
 また、終わらなかった時はどうなるでしょうか。
 大阪の大学か東京の方の大学になるか、まだ決まっていないので色々と考えてしまいます。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 もうすでに次の事をお考えになっているんですね?
 でも、矯正治療をお考えになられるなんてステキですね! 
 まだ受験中だと思いますが、先ず大学がどこになるかだと思います。と言うのは矯正治療の場合、お子様の年齢ですと本格矯正治療になると思われるので、3週間に一度位の通院になると思われますので、それが可能な先生が良いと思われます。
 本格矯正治療の場合、その方の症状により変わってきますが、歯を動かす動的治療に約3年位かかり、その後の安定させる保定期間が約2年位と言われています。
 特に4年間で全て終了していなくても転医(別の先生に治療を続けてもらう事)も可能です。 
 ただこの場合は、矯正専門医の先生間の場合は、次の先生を紹介して頂いたり、最初の資料や治療経過を連絡してもらえたり、と言う事も比較的スムーズに出来るかと思いますので、矯正歯科専門の先生が良いと思われます。
 費用は地域や先生、患者さんの症状により異なりますので何とも言えません。
 ただ転医をされると、どうしても少し多く費用が発生すると思います。
 ですから、大学が決まったら出来るだけ早く矯正専門医の先生に御相談に行かれ治療を早くスタートする事だと思います。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 3歳10ヶ月の娘の前歯の事で相談です。
 前歯の一本が3ヶ月位前から段々と前に突き出てきてグラグラしてきたので、一度レントゲンを撮ったほうがいいと言われ、小児歯科に行きレントゲンを撮ってもらいました。
 2本の前歯のちょうど上に、2本過剰歯があり、その上に永久歯が見えているのですが、その過剰歯が影響してまだおくの方に埋まっているので、早急に抜歯した方がいいと言われました。
 レントゲンを見ていただかないと、判断はできないと思いますが、1本はもうすぐ自然に抜けそうなので、もうしばらく様子をみては・・・と思っています。
 早急に、2本を抜歯するか、口腔外科で全身麻酔で4本抜くかと言われ、まだ3歳なのに全身麻酔をするのも不安です。
 4本抜いても、永久歯がでてくるかもわからないとも言われました。出てこないかもしれないのに、全身麻酔のリスクを負ってまで、4本抜く必要があるのかなど、色々迷っています。
 本当に早急に、何らかの決断をしないといけないのでしょうか?

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談の内容からお子様は3歳10ヶ月との事ですので乳歯の歯並び(乳歯列)は完成しているものと思われます。ただ前歯(たぶん上顎と思われますが?)の1本がぐらぐらして来てレントゲン検査の結果乳歯の下に過剰歯、その下に永久歯とあるのが分り永久歯のために乳歯と過剰歯を抜歯した方が良いと言われたとの事ですね。
 私もレントゲンなどを実際に診てみないと何とも言えませんが、文章の内容から考えてお答えしますと、たぶん過剰歯は抜かなければいけないと思われます。現在乳歯が1本ぐらぐらしているのは過剰歯の影響かもしれません(出ようとして動いてきたなど)。そうだとしたら乳歯はまもなく抜けてしまうかもしれませんのでそれまで様子を見る。その後過剰歯が頭を出してきたらこれを抜いてしまう。あるいは埋もれたままなら時機を見て口腔外科で抜いてもらう方法が考えられます。他には過剰歯のある部分の乳歯を先に抜いてしまって過剰歯の様子を見ておいて時機を見て過剰歯を抜いてもらう方法。そしてどうしても急ぎ乳歯と過剰歯を抜かなければならない状況であれば急ぎ4本を抜いてもらう事が考えられます。
 また、御心配の全身麻酔下で抜歯をするのは、お子様がまだ年齢が低いために口腔外科で切開により4本(過剰歯、乳歯)も抜歯をするのに局所麻酔ではおとなしくしておられないと考えられるからだと思います。
 先に述べた乳歯のみの抜歯なら局所麻酔下でも大丈夫だと考えられます。ですからいつ過剰歯を抜くかの問題だと思われます。そのあたりの事を含めもう一度小児歯科の先生、あるいは矯正専門医の先生によく御相談をされてみては如何でしょうか。

 
谷先生 
 お忙しい所、ご丁寧な返信をありがとうございました。
 実は主人と相談をして、将来的に過剰歯の抜歯、矯正などになるとこの先長く経過をみる事になるので、一度大きい病院で診てもらいたいと思い紹介状を書いていただき、先週東京の大学病院の小児歯科に掛かってきました。
 乳歯を抜く覚悟で行ったのですが、担当して下さった先生がもうしばらく様子をみてもいいでしょうとおっしゃっいました。
 レントゲンを再度撮りなおし、レントゲンを見ながら説明して頂いた内容は、「乳歯がそのうち、過剰歯に押され抜けるでしょう。そして、過剰歯が顔を出したら、 再来院して、過剰歯を抜歯しましょう。」との事でした。
 「過剰歯が、顔を出せば抜き易くもなるので口腔外科でなくても簡単にぬけますよ」とも言われ、全身麻酔じゃなくてもいいことにほっとしました。
 あと、永久歯が出てこないと言われたことを伝えると、「まだまだ、これから変化しますし過剰歯も出てくるので、絶対とは言い切れませんが生えてくるでしょう」と言われこんなにも、先生によって見解が違うんだと思いました。
 そして、帰宅してから谷先生の返信を読ませて頂き、東京で言われたような事が書いてあって、本当に安心しました。
 過剰歯の抜歯は、痛くて少しかわいそうだと思いますが、いい方向にむかう事を願って頑張ってもらいます。
 そのうち抜けるでしょうと言われている、グラグラした歯が抜けそうで抜けず、歯茎が少し赤くなってきています。もう少し様子をみて、また相談させて頂くかもしれませんので、またよろしくお願い致します。
 今回の事でこんな悩みにも答えてくれるサイトがあるのを初めて知り、同じような事例の方がいて参考にさせて頂いたり、歯科医の先生から回答が頂けた事に本当に感謝しています。
 ありがとうございました。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

↑このページのトップヘ