大阪なんば タニ矯正歯科クリニック

大阪なんば、矯正歯科の専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、大人と子供の矯正治療、ご相談にもわかりやすくお答えします。

2018年11月

5
01
 大阪、20代の女性です。非抜歯矯正を始めて約6ヶ月です。

 矯正前に比べると綺麗に並び始めま したが、全体に歯が前にでてきているようで、口元がもごっとなっているように感じます。
 また、下の歯も並んでおらず、このまま非抜歯で治療を出来るのか不安になっています。
 今は非抜歯専門の歯医者で治療をしておりますが、抜歯も考えようかと思っております。
 非抜歯のままで治療は可能なのでしょうか。 

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 非抜歯で矯正治療を始められて約6ヵ月との事ですが、送られて来た写真を診ますと、貴方の最初の状態がどの様であったのかハッキリと分からないので何とも言えませんが、口元が少し飛び出している様にも感じられます。
 また、上下のお口の中を見ますと顎に比べかなり歯のサイズが大きい様に思われます。ですから、顎の大きさと歯の大きさの不調和による乱杭歯と言われる叢生症例だと思われます。
 この治療に当っては検査の結果により、非抜歯、あるいは抜歯の治療となります。非抜歯による治療においてはどうしても歯を前後、あるいは側方に拡大する必要がありますので前歯が前方に突出する傾向があると思います。ただ、上下の顎、あるいは歯との関係によってはそれにより良い結果が得られる事もありますし、横顔(側貌)との関係などで抜歯を選択する場合もあります。
 ですから、ただ単に抜歯が良い、非抜歯が良いとは言えず、その方の症状により決めるべきだと考えます。
 貴方の場合、主治医の先生が非抜歯による治療をされているとの事だと考えられますが、貴方の治療結果に対する要望と、先生のお考えになっている治療結果とについて、もう一度よく御相談をされてみては如何でしょうか。一般的には歯を動かす期間(動的治療期間)は3年位と言われています。 また、よろしければ抜歯、非抜歯による私の所の治療例を御参考までに御覧下さい。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 今、来年の消費税アップが言われていますが、
 私、今、矯正を考えているんですが、
 矯正の費用も上がるのですか?

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 矯正治療は、基本的に自費治療ですので、治療費に消費税がかかって来ます。 
 ですから、消費税がアップすればその分、治療費の総額がアップする事になります。 
 ですから、矯正治療をお考えなら消費税がアップする前にスタートされるのがよいと思います。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 歯列矯正について質問します。
 私は上下に八重歯(計4本)があり、前歯もほんの少しですが出ていて、さらに前歯が大きいです。全体的に歯並びが悪いんですが、こんな状態の歯でも綺麗な歯並びに矯正することは可能でしょうか?
 また、歯列矯正は総額どのくらいかかりますか?
 治療期間も教えてください。お願いします。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によると貴方は歯のサイズが大きく、歯がデコボコ(八重歯もその症状の表れです。)としている様ですね。
 ですから、歯の大きさと顎の大きさのアンバランスが原因と考えられます。ただ、上下の顎の関係や歯と顎の大きさの問題など詳しく検査をしてみなければ解りません。
 年齢的には本格矯正治療が必要かと思われます。正しい矯正治療をすれば現在の状態はかなり改善されるものと思われますが、先ずは矯正専門医の先生に御相談をされる事です。
 本格矯正治療の場合、患者様の症状や使用する装置などにより治療期間は多少変わって来 ますが、一般的には歯を動かす(動的治療)期間が約3年、その後の安定させる(保定)期間が約2年と言われています。
 通院は3~4wに1回位かと思われます。
 装置も最近はいろんな 面で優れた物がありますので御相談下さい。
 また、費用に関しては、患者様の状態や使用する装置、先生のお考えによりその総額や支払い方法が異なって来ますので、御相談の時によく お聞き下さい。 
 よろしければ御参考までに私の所のホームページの本格矯正治療やその症例費用などを御覧下さい。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
 子供が乱杭歯で矯正中です。
 矯正開始から8ヵ月経ちます。年齢は9才です。まだ乳歯があり、抜けたままの箇所もあります。
 主治医の先生は、9才だから・・と2段階治療から始めました。
 こういうケースもあるのですか? 

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお子様は、現在9歳でまだ乳歯も残っている混合歯列期だとの事ですね!一般的には私達が行なっている2段階治療の考え方においては第一段階治療(早期矯正治療)の時期ですね。
 ただ、患者様の状態や先生のお考えによっては早くから本格矯正治療の装置を用いた治療をスタートさせる先生もいらっしゃいます。
 お子様の場合、2段階治療を始めましたとありますので、本格矯正治療(第二段階治療)の装置を用いた治療をスタートさせたのだと思われます。
 そのあたりの事は、患者様の状態や先生のお考えによりますので、疑問に思われる事がありましたら、一度先生によくお聞きになられると良いと思われます。
 尚、私達の行なっている2段階治療やその症例については私の所のホームページを御参考までに御覧下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

5
22
 このような機会を下さり感謝します。

 小1の息子の受け口が気になり、近所の矯正専門医で検査をしました。
 骨格性の下顎過剰発達と上顎の未発達とのことで、第一期としてプロトラクターでの牽引と上下のリンガルアーチでの治療(五年を目処に)を提案されました。 しかし、骨格性が強い為、最終的に手術対象になるかもしれないと言われました。具体的な数値でしめすことはして頂けませんでしたが、韓国のキム先生の判断基準を用いた検査でもランクは上から二番目に悪く、手術対象と判定されました。
 親としては、治療を始める前から手術対象になるかもしれないという結果に、まだ幼い子供に長期にわたり辛い治療をさせる決断が出来なくなりました。
  正直、手術となる可能性が高いのなら、無理して矯正をする必要はないのではないかと思います。
 レントゲン写真の数値を図形にした資料を添付させていただきました。
 長年経験を積まれた、第一人者である先生にご判断いただきたく、何卒よろしくお願いいたします。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお子様は矯正専門医における検査の結果、上顎の劣成長ならびに下顎の過成長による骨格性反対咬合(受け口)と診断されたとの事ですね。送られて来た資料(プロフィ ログラム)だけを見ますとかなりの程度の反対咬合ではないかと想像されます。ただし、詳しい事はこれだけでは分かりません。
 骨格性反対咬合の場合、多くの場合において遺伝的要因が考えられますので御家族の中に反対咬合の方がおられるのではないかと思われます。
 また、これからお子様の成長とともに下顎が成長して来ますので現在の状態がさらに悪くなって来る事が予想されます。
 ですから、治療としてはお子様のこれからの成長を利用して症状が悪化するのを少しでも抑えておく事が大切だと考えられます。放置しておくと10悪くなるところを早期治療により6とか7で抑える事が出来れば、それ以降の本格矯正治療での結果が変わって来ます。
 極端な場合、将来外科手術が必要だと考えられた方が手術をしなくても済む場合もあります。また、例え手術が必要となった場合でも、その適用範囲や治療結果が変わって来たりします。
 ただ、これは患者様が持っているこれからの成長や治療の効果により異なって来ます。
 ただ、成長を利用しますので早期矯正治療の期間が長くなってしまいます。(下顎の成長が落ち着くのが男性の場合、17,8~20歳位と言われていますので骨格性の場合、その頃まで早期矯正治療の対象となります。)
 そして、下顎の成長が落ち着いた後、本格矯正治療となります。
 この時点の検査により外科手術が必要かどうかも決まります。
 ご相談によるとお子様は現時点において将来外科手術が必要なケースだと予想される様ですが決定ではありませんし、成長を利用して悪化を少しでも改善出来る年齢でもありますので、前向きにお考えになられては如何でしょうか。
 手術が必要な場合でも手術をすれば全て完璧なわけではなく、より良い状態で手術をしてこそ良い結果が得られるわけです。 

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝

↑このページのトップヘ