矯正歯科大阪 タニ矯正歯科クリニック

大阪、矯正歯科、専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、矯正治療の相談をわかりやすくお答えします。

2016年06月

5
 大変お忙しいところを申し訳ございません。 
 6才になる男の孫ですが、まだ隠れている永久歯がどうやら受け口になっているようです。柔らかいものばかり食べていて顎がしっかり発達していない結果とのこと。今からでも固い物をたべさせるようにすれば間に合いますでしょうか?歯医者では矯正をすすめられました。プロの手でしっかり矯正をした方がよろしいでしょうか?
 お返事いただければ幸いです。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 今回ご質問の”まだ隠れている永久歯が受け口になっている”との意味が残念ながら私にはよく解りません。乳歯ですでに受け口になっているとの事でしょうか?また、硬い物を食べるようにする事は顎の発達には良い事と思われますが、それにより受け口が改善されたり、受け口になるのを予防する事が出来るとはあまり考えられません。現在の状態がどうなのか私にはご質問内容からでは解りませんので貴方が御心配しておられる状態を、お孫さんの将来の咬み合わせを見通して知るためにも矯正専門の先生に一度御相談をされてみては如何でしょうか。その上で治療が必要であれば治療をお考えになられては如何でしょうか。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

5
 7才7ヶ月の娘の事で相談があります。
 左上のABが融合歯でした。6才の時ABが抜けて融合歯と同じ大きさの左上1が生えてきました。7歳になって2番が生えてきたのですが左上2番だけ生えてきませんでした。
 気になってパノラマをとってみると、左上2番が先天性欠損でした。
 上の中心が左に寄っています。もともとあごが小さいのか残りの2番も斜めに苦しそうです。1番は右と左では形と大きさが少し違います。
 前歯のすぐ横に犬歯が来るのは想像ができません。
 よくあることなのでしょうか?治療法はあるのでしょうか?また、あるとしたら費用はどのぐらい考えればいいでしょうか?先生はどうするのが良いと思われますか?
 ご助言よろしくお願いします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 左上のABが癒合歯であったとの事ですが、この様な癒合歯は時々見られます。ただ、永久歯に交換した時に後継の永久歯の数が正常な場合も有れば、お子様の様に足りない場合も有ります。お子様は左上の2番目(側切歯)が先天的に欠損(欠如)しているとの事ですが、これも時々認められます。特に上顎の2番(側切歯)に認められる事が多く、片側に認められる(片側性)事もあれば、両側に認められる(両側性)事もあります。また、上の歯の中心が左側に寄っているのは、歯が並びきらないため左側の2番が欠損しているスペースの方へ移動したためと思われます。
 さて治療ですが、お子様はこれから永久歯に交換して来ますし、顎も大きくなって来ますので、最終的な治療は永久歯列が完成してからとなります。ただ、このまま放置しておいたのでは色々な問題が起って来ると考えられますので将来の歯並びの事(本格矯正治療)を見通した上で、お口の管理を含めた早期矯正治療(第一段階矯正治療)が必要になると考えられます。将来的に左上の2番のスペースをあけて、そこに人工的な歯を作る事や、左上の1番(中切歯)、3番(犬歯)という並びにして犬歯の形を修正する(形態修正)方法などが考えられますが、これはお子様のこれからの歯と顎の関係や歯並びの状態により変わって来ます。ですから、先ずは矯正専門医の先生に御相談をされてみては如何でしょうか。
 先にも述べました様に、私の所では永久歯列が完成するまでの早期矯正治療(第一段階矯正治療)、そして本格矯正治療(第二段階矯正治療)と2段階治療をおこなっています。お子様の場合は、先ず早期矯正治療からスタートする必要があると考えられます。治療内容については検査結果により異なります。また、費用は先生により、あるいは患者様の症状により異なりますので御相談の時にお聞き下さい。先ずは、矯正専門医に御相談される事からスタートです。2段階矯正治療費用についてはよろしければ私の所のホームページをご参考までにご覧下さい。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

5
 先生お元気ですか。
 小学生の頃から先生に歯並びを治療してもらって高校生まで診てもらいました。
 その間、何度もやめようかと思った時期もありましたが、先生やスタッフの方のはげましや家族的な雰囲気のお蔭で最後まで続ける事が出来ました。
 治療が終わってからは、周りの人から“ステキな笑顔だね”とか“キレイな歯並びだね”と言われなんだかうれしくなり自然と笑顔が多くなり“明るくなったね”などとよく言われます。
 そんなわけで、人と接する仕事を希望していたのですが、今回面接で“君の笑顔ステキだよ”って言われ希望の会社から内定をもらう事が出来ました。
 これも先生やスタッフの方のお蔭です。有難うございました。歯並びの治療が歯だけでなく私の心、性格まで明るく変えてくれた事におどろきと人生でのチャンスを与えてくれた事に感謝しています。先生本当に有難うございました。
 だから、今矯正治療をまよっている人もぜひ一歩前に進んで自分のチャンスをつかんで下さい。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。 
 希望がかなえられてよかったですね。おめでとう!
 貴方のステキな笑顔で貴方自身だけでなく周囲の人たちも明るく楽しい気持ちにしてあげて下さい。
 貴方の人生の一助になった事を私もうれしく思います。
 これからの仕事も頑張って下さい。お便りありがとうございました。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

5
1
 もうすぐ、7歳になる小学校1年の娘の事で相談です。

 永久歯が何本か生えてきましたが、とても窮屈そうです。半年ほど前に、矯正の専門医のところで相談したところ、顎が小さく歯が並ぶスペースがないのでこのまま行けば歯並びはボコボコになるといわれました。
 でも、その先生は矯正はもっと中学生ぐらいになってからで良いので、今のところは様子を見るだけでいいと言いました。その時は、納得したのですが、永久歯の本数が増えたり、パソコンで調べたりするとほんとにそれで良いのか?と思い始めています。
 おまけに最近は、少し出っ歯気味のようにも思います。そろそろ顎をひろげたり、出っ歯の矯正を始めたほうがよいのでしょうか?ちなみに顎をひろげるのと出っ歯の治療でいくらぐらいかかりますか?
 よろしくお願いします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 送られて来た写真を見ますと、お子様は現在下顎の前歯が永久歯に交換し、上顎の乳歯が抜けたところですね。ただ、御相談にある様にすでに下顎の前歯部ではかなりデコボコとした乱杭歯(叢生)になっていますし、横顔の写真を見ますと口元がとび出していますね。それと上顎を見ますと少し顎の幅が狭い様にも思われますので指吸いとか、物をくわえる習慣、あるいは鼻がよく詰まるといった様な事がある。または有ったのかもしれませんね。お子様はこれから永久歯に交換して来ますが顎も大きくなって来ます。ですからそれらをうまく管理、あるいは早期の矯正治療をしてあげる事により良い方向へ改善、誘導してあげ不正咬合になるのを防いだり、例え永久歯での本格矯正が将来必要になったとしても不正の程度を下げておく事により骨格のバランスを良くし、本格矯正治療のより良い結果を得る事に結びつける事が出来ると思います。矯正治療についての考え方も先生により異なる場合があり、
(1)永久歯がそろうまで放っておいて本格矯正治療から始める。
(2)患者様の状態により永久歯列完成まではお口の中の管理(スムーズな永久歯への交換)や顎の成長の誘導ならびに治療を行う(早期矯正治療)。そして、将来永久歯の歯並び(永久歯列)が完成した段階で必要が有れば本格矯正治療(第二段階矯正治療)を行う。と言った2段階矯正治療。
の考え方があります。
 私の所では、後者の考え方で現在治療を行っています。矯正専門医の先生でもその先生のお考えがありますので複数の先生に御相談をされ説明を受けられて貴方が納得された先生にお願いするのも1つの方法かと思われます。また、治療費の件ですがこれも先生により、また患者様の症状により異なりますので御相談の時によくお聞き下さい。
 早期矯正治療(第一段階矯正治療)、本格矯正治療(第二段階矯正治療)、2段階矯正治療について、あるいはそれらの治療例ならびに費用についてよろしければ御参考までに私の所のホームページをご覧下さい。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

5
 前歯の乳歯が抜ける前に永久歯が生え始めたのですが、片方は乳歯の前の歯茎から、片方は乳歯の後ろ側の歯茎から生えてきて、下の歯に噛み合わさらないため肉等噛み千切ることが出来ません。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお子様は現在、前歯部において永久歯が生えて(萌出して)来ている様ですので6歳前後かと思われます。通常、乳歯の下から永久歯が出始めると乳歯の根っ子(歯根)が吸収され短くなり動揺して乳歯が抜け、その下から永久歯が顔を出す場合が多いのですが、スペース、その他何らかの原因により永久歯の出て来る場所がずれてしまう事があり、場合によっては乳歯もそのまま残っている場合も有ります。この様な場合は乳歯を抜いてあげるなどして後継永久歯がうまく並ぶ様にお口の中の管理をしてあげなくてはなりません。また、その様な状態になる原因も何かあるかもしれません。
 ですから、一度矯正専門の先生にご相談をされては如何でしょうか。その結果、治療が必要であれば早期矯正治療(第一段階矯正治療)をスタートする事になるかと思われます。ですから、先ずはご相談からです。
 早期矯正治療(第一段階矯正治療)については、よろしければ私のところのホームページをご参考までにご覧下さい。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

↑このページのトップヘ