10歳の娘の歯並びが悪く、矯正をしたいと思い、歯科医に相談しました。「乳歯はすべて抜けているので、ワイヤーの矯正をするので、親知らずを抜くことになります。
 上の親知らず(レントゲンで歯を確認)は、鼻に近いのでもう少し様子をみてから、抜きます。下の親知らずは、まだ卵の状態(歯の形はまだナイ)ので、口腔外科で抜歯してきてください(出血が多い場合、歯科医では対応できないので、総合病院を紹介された)それから、ワイヤーをつけて矯正をはじめましょう。」とのことでした。
 総合病院で予約を取る際に、「年齢的に痛みに耐えられるかどうか…まだ1件しか症例がなく、もう1件は痛いのが怖くて抜歯せずに帰られました。こんなにまだ若年(子供)時期に抜歯する必要があるのかなあ…」と電話口でおっしゃってました。「卵のうちに抜歯した場合、治りはやいのか?痛みは少ないのか?質問しましたが、症例が1週間前に1件しかない(抜糸はまだ)ので、なんとも言えないです」とのことでした。
 いずれにせよ親知らずを抜歯しなくてはいけない場合、歯の形が出来ていない卵の状態の方が、痛み・治りは短期間で済むのでしょうか?

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 貴方は小臼歯を4本抜歯して15年位前に矯正治療をされたとの事ですが、1~2年位前より下の真中の歯の間と、抜歯をした部位に隙間が出来てきたとの事ですね。矯正の治療後まったく後戻りが起らないかと言うとそうではありません。年齢に伴って、あるいは身体の変化に伴って少しずつ変わってくる場合があります。ただそれが生理的な範囲であれば良いと言われていますが、これを大きく超えている場合には再治療が必要な場合も有ります。
 特に後戻りが起りやすい部位として下顎の前歯部や抜歯部位が言われています。貴方の場合まったくの再治療になるのか、部分的な治療になるのかは現在の状態を見てみないと解りませんが、部分矯正(限局矯正)の場合、その程度や範囲にもよりますが、治療期間や費用は全体的な矯正治療に比べ短く、安くなると思われます。
 ですから、そのあたりの事や装置について矯正専門医の先生に一度御相談をされてみては如何でしょうか。
 また、よろしければ部分矯正(限局矯正)の治療例などについて私の所のホームページを御参考までに御覧下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝