01
 
8歳の息子の事で相談させて下さい。
 乳歯が生え始めたのも遅かったこともあり、他の子供と比べると永久歯への生え換わりが遅いです。
 虫歯になったことはなく、生え換わりが遅いことは気にしていませんが、現在、下の前歯の乳歯4本が抜けて永久歯が3本生えています。
 しかし、あと1本(側切歯)が生えてくる隙間が少ししかなく、舌側に生えかけてきています。歯並びが悪くなる?早いうちに処置した方がいいのでは?と思い近所の歯科医院に行きました。
 A歯科医院では、乳歯の歯並びに隙間がなく、アゴも小さいと言われ生えてくる永久歯に合わせて乳歯を抜くか、ある程度永久歯に生え換わってから矯正するかと言われ、少し様子を見るようにと言われました。
 B歯科医院では、少し様子を見て、場合によってはアゴを広げる必要があるかもと言われました。
 このような場合、どうすればよろしいでしょうか?ご教授お願い致します。
 *最近、上の前歯がグラグラしだしたのと、上の第一大臼歯が生え出してきました。

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 一般的に第一大臼歯(6番目の永久歯)を6歳臼歯と呼ぶように第一大臼歯が萌出して来たり、前歯が永久歯に交換し始めるのは6歳前後と言われています。ただ、個人差が有り、それよりも早い方や遅い方がおられますので特に何か異常な原因となる事がなければ心配される事はないと思われます。
 お子様は現在、前歯部において乳歯から永久歯に交換して来ている様ですし、第一大臼歯も萌出して来ている様ですから御心配はいらないと思われます。
 ただ、前歯部において永久歯が出るスペースが不足してガタガタとした、よく乱杭歯と言われる状態になって来ているとの事ですね。これは歯の大きさと歯を並べている顎の大きさのアンバランスによって起って来ます。これを叢生(そうせい)と呼びますが、お子様はまだ顎の成長も望めますので、これからの乳歯から永久歯への交換が出来るだけうまく行く様にしてあげるのと、顎の成長をうまく誘導、あるいは利用して出来るだけうまく永久歯が並ぶ様に、あるいは悪くなるのを少しでも軽減出来る様に早期矯正治療(第一段階矯正治療)が必要だと思われます。
 ですから、これらの考え方がよく理解出来る、経験豊富な矯正専門医の先生に一度御相談をされてみては如何でしょうか。
 私の所ではお子様の様な早期矯正治療(第一段階矯正治療)、そして本格矯正治療(第二段階矯正治療)と言った2段階治療を行っています。よろしければ御参考までに私の所のホームページの2段階矯正治療やそれらの症例を御覧下さい。また、お役に立てる事があれば御相談下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝