01
 
はじめまして。先ほど画像を送りました。
 気づいたのが中学生~高校生くらいの頃だったと思うので、かれこれ15年ほど前から特に処置せず今に至ります。
 当時かかった歯科医で、「手前の歯を抜いても奥の歯(後ろの歯?)が奇麗に回転しながらその場所におさまるかどうかは分からないし多い分には問題ないでしょうからそのままにしておけば?ただ患部の奥の歯を磨くのが大変だろうから…」と歯磨きトレーニングを進められ、言われるがままトレーニングを受けトレーニングが終了したらそれっきり…また、患部の歯に茶色い部分があり虫歯かと思って相談しましたが「ただの着色だね」と言われて終わりました。
 着色だとしても気になるなぁと思いつつ、ずっとそのままです。で、それ以来虫歯もなく歯科医にかからなかったのですが、最近、手前の歯がすこ~し伸びて?来たような気がするのです。しかも、そのちょっと伸びて歯ぐきから出てきた部分が着色と言われた部分のようにちょっと茶色いんです。
 画像のように上の歯が変なゆえに患部の真下の歯はそれに合わせて中へ倒れこんだような状態です。これはこれで咬み合わせは悪くはないような気がします。ですが、手前の歯の真下には歯がない状態になっていて咬み合わさる歯がないと歯は伸び続けると聞いたことがあって、ちょっと心配になってきました。
 また、患部より後ろの奥歯がやっぱり歯磨きがうまくできていないのか虫歯になりそうに見えなくもない…という心配もあります。
 以前、歯科医で言われたようにこのままにしていていいものでしょうか?
 ご回答いただけましたら幸いです。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 送られて来た写真を見ますと右上の4番目と5番目の歯(第一小臼歯と第二小臼歯)が内外(頬舌的)に重なっていますね。そのため、咬み合せる力により右下の第一、第二小臼歯が内側(舌側)に倒れています。
 これらの事から上顎の6番目の歯(第一大臼歯)以降の歯も前(近心)に移動しているものと考えられますので、上下的に考えても小臼歯より後方は正しく咬み合っていないと考えられます。
 右上の小臼歯がなぜ頬舌的に重なったのか、貴方の上下顎の関係や左側の咬み合せなどお口の中の歯並び全体がどうゆう状態なのか、今回の御相談内容からだけではよく解りませんが、現在の状態は不正咬合と言われる状態ですので本格矯正治療が必要だと考えられます。
 ただ詳しくは検査をしてみなければ解りません。ですから先ずは矯正専門医の先生に御相談をされてみては如何でしょうか。
 また、本格矯正治療やその症例についてよろしければ私の所のホームページを御参考までに御覧下さい。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝