6歳、娘の歯についての相談です。
 去年の7月に転倒により上顎AAが脱落した後、一年経過しても永久歯が出でくる気配が無い為、かかりつけ医を受診しパノラマ撮影してもらった所、上顎5・5が先欠している事がわかり、矯正歯科への相談を薦められ昨日、近所では評判の良い矯正歯科を受診したのですが、治療を進める順序として、まず上顎BBを抜歯して切開したのち上顎1・1を萌出させた後、上顎6・6も切開して萌出させると言われました。
 一年経過しても出てこないと言う事は上顎AAが抜けた後、硬くなってしまって出てきにくいと思うから放置し続けたら中で上顎1・1がねじれたりする可能性があるからもう出した方がいいと言われました。その後、上顎5・5部閉鎖始める頃に下顎4・4を抜歯すると言われました。
 私自身、歯科衛生士をしておりましたので、Drが言って居る意味は理解するのですが、わが子の事となると切るや骨を割ると聞くだけで躊躇してしまい、即決できるわけも無く帰宅した後、地域範囲を広げ検索をしているうちにタニ先生を知り、ご相談させて頂きました。
 レントゲンを見ないと何とも言え無いとは思いますが、やはり切開による萌出や矯正治療過程での下顎4・4の抜歯など同じような治療が必要とお考えでしょうか?
 健康な永久歯を抜歯することには、歯を大切に考えるからこそやはり戸惑ってしまいます。

 こんにちはタニ矯正歯科クリニックの谷です。
 貴方のおっしゃる様に詳しい事はパノラマレントゲン写真やお子様のお口の中を見てみないと分かりませんが、文章から判断して、お子様は上顎の中切歯ならびに第一大臼歯(6歳臼歯)など永久歯が1本も萌出していないと言う事でしょうか?
 年齢的には両歯ともにそろそろ萌出している時期ではありますが、この時期においては個人差も大きく、遅くに萌出する方もお られますので、まだ許容できる範囲だと思われます。
 ただ、何らかの原因がある場合はそれらに対処しなければなりません。ただ今回の御相談内容からだけでは何とも言えません。
 また、上顎の5番目の歯が左右先天的欠如している事ですが、一般的に上下の顎の関係が正しい場合は上下同数の歯によって正しい咬み合せが作られるわけですから、下顎の左右5番目、あるいは4番目の歯を抜く事になる場合が多いと思われます。
 ただし、これもこれから成長して来るお子様の上下顎の関係や口元の事などを考慮して決定しなければなりません。しかし、こ れは少し先の話です。先ずは中切歯と第一大臼歯の事だと思われますが、これもこのまましばらく観察を続けて行くか、積極的に切開などを行なうかはお子様の状況や先生のお考えによると思います。  

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝