リテナーに入り半年たちました。噛み合わせが全く触れない状態になったらしく原因不明と言われ、何が原因かを調べる為に、まずは二ヶ月上のリテナーを外して解放してみることになりました。
 結局はワイヤーやり直しらしいんですが、原因がわからないので二人の先生方もここまできていきなりこんなに噛み合わせが悪くなる事例がないから解らないと…自分自信でも生活を振り返っているのですが、悪影響になる事がなんなのか全くわからなく、情報元になる本などもなかなかみつからず、ネットをさまよっていました。
 矯正と噛み合わせの専門の先生方が解らないと言うので難しいとは思いますが、何か悪影響になる症例などをご存知でしたらアドレスお願いします。 

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 御相談によると矯正治療(動的治療)後保定に入って半年になり歯が咬み合わなくなったとの事ですが、最初の状態や原因がどうであったのか分からないので何ともいえません。
 開咬(上下の歯が咬み合っていないようなケース)においては舌癖などの原因が除去されていないような場合に比較的短期間に後戻りを起こす場合が希にありますが?貴方の場合はどうなので しょうか。
 御相談内容から判断すると矯正専門医の先生に診て頂いているようですから、その辺りの事は先生もご存知だと思いますので、先生によくお話をお聞きしながら治療の方を進められればと思います。 


 谷先生、ありがとうございました。

01

 写真は最初の頃です。具体的に、何がわるかったのかあまりよく自分では知らずに、ただ全く噛み合っていないといわれたのは覚えています。始めの診断は、舌の癖は噛み合わの方の先生に指摘はされましたが、矯正の先生は昔は舌のトレーニングもさせたけど、小さい子供時代からやらせないと効果がないからやめたといっていました。
 始めも噛み合わせが全く噛み合っていないといわれました。後は四本抜歯と反対交合もありました。ただ何故こんなにいきなり噛み合わせが一本しか当たらないくらい悪くなったのかわからないといわれました。
 後から自分で気づいたのが、節食障害が13歳からあり、吐く癖が今もある事です。少なからず負担にはなるかと思いました。 

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 最初の状態をハッキリと覚えておられないようですが、反対咬合で開咬(歯が咬み合っていない)であった様ですね。
 そうすると、かなり重篤な不正咬合であったのではないかと思われま す。
 貴方の最初の状態や治療経過については、担当医の先生が一番よく御存知なのですから先生によくお聞きして、御相談をしながら治療を進めていただくのが良いのではないでしょう か。

 タニ矯正歯科クリニックは、そんな貴方を応援しています。
 TEL 06-6643-1187



機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

大阪なんば タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝