僕は現在大学生ですが、将来、人と接する仕事を希望していますが、歯並びがすごく悪く子供の頃より気になっていたのですが、治療にも踏み出せず来てしまいましたが、社会人としてこれではまずいな!って思っています。
 でも、卒業までに矯正治療が終わるのか分らなくて歯を削って差し歯でもと考えたりするのですが、いい歯を削るにも抵抗があります。
 他の人はどうしていますか?
 社会人でもやっていますか、教えて下さい。

 こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。 
 結論から言うと、矯正治療にはどうしても一定の治療期間が必要です。
 特に良い治療をしようとするとなおさらです。
 貴方が矯正治療をしようとする事はとても良い事だと思います。ただ、社会に出られるまでに治療が終了するかどうかは分りません。(貴方の症状や治療内容などにより変わって来ますので) 
 しかし、現在働きながらでも装置を着けて治療している方は男女を問わず多くいらっしゃいますし、回りの人達も“ああ矯正しているんだね”と言った認識で、特に変だとも思いませんし、かえって“矯正してるんだ!!頑張ってるね!!”と言った様に健康にも美的にも意識の高い人だと評価して下さる様です。
 これは海外では以前からありましたが、日本もようやくそのレベルに達して来た様です。 
 ですから、貴方も頑張って国際的に通用する社会人なりましょう。 
 タニ矯正歯科クリニックはそんな貴方を応援しています。


機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!

矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医 院長 谷 世志昭
大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間 月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00 休診日 .木・金・祝