14歳の息子がただいま矯正中です。12歳臼歯がまだ生えていません。
 レントゲンで見ると、上下左右4本とも12歳臼歯の上部を押す形で親知らずがあります。「このままにしておくと、12歳臼歯が生えてきても、親知らずが12歳臼歯を押す為、中央に向かう力がかかり矯正した歯ががたがたになります。まず始めに、下の親知らずを抜歯しましょう。」と言われました。
 まだ、成長期にある子供の歯を(親知らずといえども)抜いてしまい、体などに悪影響はありませんか?私どもが見ても、あきらかに12歳臼歯が中央よりの斜め方向に生えようとしているのがわかります。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 親知らずは必ずしも抜歯しなければいけないと言うわけではありませんが、最近の子供さんにおいては特に顎が小さいなどのために正しい方向に出て来なかったり、埋もれたままであったりして親知らずより前方(近心)の歯や歯並びに悪い影響を及ぼす事が多くなって来ています。この様な場合にはこれらの悪い影響を除くために抜歯をします。
 御相談内容からお子様の場合、12歳臼歯(第二大臼歯)を押す様に親知らずがあるようですね。また、そのために第二大臼歯にも悪い影響があるのであれば親知らずを抜歯して第二大臼歯も正しい位置に並べてあげなければいけません。この様に、親知らずの状態によっては抜歯をする事は治療として行われています。また、その時期は担当医がタイミングを見て決めますからご心配はいらないと思います。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例