6歳になる娘です。
 下の前歯の永久歯が生えてきたのですが、一本はまっすぐに生え、もう一本縦に生えてきています。
 矯正するには、まだ年齢が低いのではと思い、どうしたらいいのでしょうか?

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談によるとお子様は下顎の前歯が永久歯に交換をしてきたけれどもその内の1本が回転をしている(不正な状態になっている)との事ですね。
 一般的に6歳前後から第一大臼歯が萌出、あるいは前歯が永久歯に交換してきます。ですから早い人ではこの時期に上下の顎の不正や歯のデコボコなどの不正が表われて来ます。
 このような人の場合、しばらく様子を観察しておけばよい場合とすぐにでも治療をはじめなければいけない場合とがあります。
 このどちらが良いかは診査、あるいは検査の結果により判断しますが放っておいて自然に治る事はまず有りません。定期観察あるいはすぐに治療を始めるにしてもこの時期の治療を早期矯正治療(第一段階矯正治療)と呼びます。この治療は現在の不正の改善、増悪の抑制、正しい顎の成長の誘導、乳歯から永久歯への正しい交換の誘導を目的として行ないます。乳歯から永久歯への交換が終了するのが小学6年生の後半から中学生の前半ですのでこの間が治療の対象となります。
 そして、うまくいく人はそれで終了ですし、かなり改善されたけれども不正の問題が残っている、あるいは新たに表われた人の場合は、更に次の本格矯正治療(第二段階矯正治療)に移って行かなければなりません。
 しかし、その場合でもその時期まで最初の不正が放っておかれた場合に比べ不正の程度も軽く本格矯正治療の治療結果も良いと考えられます。
 この様な早期矯正治療(第一段階矯正治療)から本格矯正治療(第二段階矯正治療)へと行なう治療を2段階矯正治療と言います。
 お子様の場合は、早期矯正治療の時期に当りますので先ずは信頼できる矯正専門医の先生に御相談をされてみては如何でしょうか。
 また、早期矯正治療(第一段階矯正治療)、本格矯正治療(第二段階矯正治療)、2段階矯正治療とその症例についてよろしければ私の所のホームページを御参考までに御覧下さい。


矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。