はじめまして、悩み相談よろしくお願い致します。
 現在、矯正中です。左右とも、第二小臼歯が乳歯で永久歯が無い状態です。また、乳歯は背が低く(低位乳歯と言われました)、以前はそのスペースに上顎の歯が下がってきている状態でした。矯正歯科の担当医師からは、「将来駄目になる歯だから(一般歯科で)抜歯して、将来ブリッジにして下さい」と言われています。なのでその二本の乳歯は、抜く事を前提にしているので矯正装置も付けていない状態です。そして、現在抜歯を勧められている所です。
(素人の意見で申し訳ありませんが・・・)私の思いとしては、
 ①乳歯とはいえ今駄目になっていない歯を抜いてしまう事に抵抗がある
 ②ブリッジにすると、抜歯した隣接の歯を左右計4本も削る事になりもったいない
 ③ブリッジはブラッシングが大変で、人工の歯をかぶせた所から虫歯にならないか心配といった事が考えられ、担当医師にその旨を打ち明けた所、あとはインプラントしかないが、実施するにも条件があるから勧められないとの答え。
 そこでご相談なのですが、Q、(現在矯正装置をつけていない)乳歯を今から矯正する事は可能なのでしょうか?そして、正しい位置に動いた後、(一般歯科にて)乳歯の高さを合わせる為にクラウン?みたいもので高さを調整するといった方法は取れないでしょうか。その後、もし寿命がきて抜けたとしたらその時にブリッジという選択肢を考えたいと思っているのですが、いかがでしょう?
 専門家のご意見をよろしくお願い申し上げます。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 下顎の5番目の歯(第二小臼歯)が先天的に欠如していてその部の乳歯(第二乳臼歯)が残っており、しかもその乳歯は背の低い低位乳歯との事ですね。一般的に先天的欠如歯のある患者様の矯正治療においては、顎の成長の残っている方の場合は顎の成長が落ち着くまで乳歯を残しておいて成長が終わるのを待って治療方針を決定する事が多いと思われます。(勿論最初から治療方針が決まっていて時期を待っている場合もあります。)貴方の場合は年齢から考えて下顎の成長は終わっていると考えられますのでその治療法は、
 (1)
第二乳臼歯を抜歯し、矯正治療により欠損部に歯を移動して御自分の歯でスペースを閉じてしまう。
 (2)
第二乳臼歯を抜歯し、矯正治療により上下の咬み合わせを正しくして欠損している第二小臼歯のスペースを正しくした上でその部にインプラントやブリッジなど人工的な治療を行ってスペースを閉じる。
 などが考えられます。
 ではなぜ乳歯を抜歯してしまう場合が多いのでしょうか?
 それは歯の横幅(歯冠幅径)が第二乳臼歯とその後に萌出してくる第二小臼歯とでは異なっていて第二乳臼歯の方が大きいためです。ですから本格矯正治療により上下の咬み合わせを正しくしようとしても本来あるはずの第二小臼歯より幅の大きな第二乳臼歯がありますとうまくいきません。それで抜歯をして矯正治療により自分の歯でスペースを閉じたり、正しいスペースにしてからその部分を一般治療により回復する場合が多いのです。
 ただ先にも述べたように、下顎の成長を見なければならない方の場合は第二小臼歯のスペースを確保するために第二乳臼歯をしばらく残しておく事もあります。出来るだけ乳歯を残しておきたいという貴方のお気持ちはわかりますが、貴方の乳歯の状態(低位乳歯)などを考えますと矯正治療で乳歯を移動させるのは難しいと思われますし、歯冠幅径の問題もありますのでやはり難しいのではないかと思われます。また、先欠の部分のスペースを御自分の歯で閉じてしまうか、スペースを正しくしておいて人工的な処置をするかはその方の上下顎の関係や歯の咬み合わせなどを考慮して決めます。
 以上、うまく説明できたかどうか分りませんがご参考になればと思います。

 タニ矯正歯科クリニック 谷先生 
 神奈川のMです。
 ご丁寧なご意見ありがとうございました。 
 かみ合わせの事も考慮すると乳歯と永久歯では勝手が違うのですね。
 専門家のご意見をお聞きしてほっと致しました。 
 お忙しい中本当にありがとうございました。