矯正相談に行ったのですが、前歯の差し歯や虫歯治療をした被せや奥歯の銀歯などを全て仮歯にしてから矯正治療になると言われました。
 補綴治療で仮歯にして、矯正治療が終わったら仮歯の部分をセラミックで造るそうです。
 この流れは正しいのでしょうか?
 補綴治療の話しを聞くことが先だということで、連携されている一般歯科を紹介されました。
 矯正治療前に虫歯治療をしている全ての歯を仮歯にしなければいけない理由が分からないのですが。。。
 矯正をするには被せや銀歯などはそのままでは無理なのでしょうか?

こんにちは、タニ矯正歯科クリニックの谷です。
 ご相談の内容から想像すると、貴方はかなり虫歯の治療により人工的な材料が使われている様ですね。矯正治療を行う場合、歯に装置を着けなければなりませんが、人工的な材料で歯の治療がなされている場合、矯正装置が直接歯に着かなかったり、悪い歯並びに合わせて治療(補綴治療)がなされているためにそれらの治療された物をはずし仮歯の状態で装置を着け、矯正治療を行った後正しい歯の関係になってから最終処置(補綴治療)を行なう場合があります。
 治療された全ての歯を仮歯の状態にしなければならないか、一部だけでよいのかはその患者様の状態により異なって来ます。ですからそのあたりの事は担当医の先生によくお聞き下さい。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

お問い合わせは
本格矯正治療、デーモン矯正の大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。