矯正歯科大阪 タニ矯正歯科クリニック

大阪、矯正歯科、専門医、日本矯正歯科学会、認定医、指導医、矯正治療の相談をわかりやすくお答えします。

5
01
 昨日相談に伺った○です。丁寧なカウンセリングありがとうございました。

 実は他院でも相談にのって頂いた事があって、そこでは期間が半年~1年半、①並びを揃える治療と②上前歯を歯茎の中に押し込み、前歯先を削って揃える治療が考えられる、との事でした。
 谷先生の昨日のお話では標準約3年+2年(短くなる可能性アリ)との事でした。
 検査なしに難しいでしょうがもう少し具体的な治療期間を教えてもらえないでしょうか。お願いします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 先日ご相談の時にも話しましたが、上顎前歯部の前突ならびに上顎正中部の離開を矯正で治療するためには本格矯正が必要と思われます。
 一般的に歯を動かす期間(動的治療期間)は約3年と言われています。ただ先日診ましたところこの期間は幾分か短縮できる可能性があるのではと思われました。ただし、やはり2年~2.5年位は必要と考えます。また、保定期間はやはり2年位必要かと考えます。
 ご相談された他の先生のおっしゃた期間は動的期間の事だと思われます。
 いずれにしても検査をしてみなければ貴方のお口をとりまく状況はわかりません。また検査の結果によっては治療法も幾通りか選択できるかもしれません。それにより期間も変わって来るかと思います。
 御自分の大切な歯を出来るだけ痛めることなく健康な状態で治療するためにはどうしてもある程度の期間が必要になって来ますのでよくご検討ください。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例 

5
 6才1ヶ月の女児です。受け口のため、4歳9ヶ月の時から上下の顎の矯正をしています。
 上あごを広げる、取り外し可能なものと、下あごの成長を押さえるチンキャップを夜につけていました。1月以上前に下の永久歯が斜めに生えてきました。下あごを小さくしているため、生えてくる余裕がなくなったのではないでしょうか?
 主治医は「斜めに生えてきたら、ワイヤーで矯正すればいい。」と言っていますが、現在は下あごの矯正はお休みしています。下あごの矯正が早すぎたのではないかと後悔しています。
 下の歯は1本目が正常に生え、2本目が斜めに生えています。下あごを小さくする矯正と、永久歯の生える余地の関係、また、これから、下あごの矯正を持続すべきかどうか、ご助言お願いします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 受け口の治療に当たってチンキャップを使用することは時々あります。
 これは上、下の顎のバランスをとるために顎の大きさや位置の不正を改善するために使用します。下あご(下顎)は一定に成長するのではなく年齢により、個人により大きく成長する時期が異なりますのでチンキャップを使用する時期も個人により、また治療の目的や効果により異なります。ですから使用にあたっては担当の先生の治療方針によります。
 また歯との関係ですが、チンキャップが下顎の成長を抑制すると言っても本来その人の持っている永久歯のスペースに大きく影響する事はあまり考えられません。ですからお子様の歯がななめに萌えて来た事とは関係なく、お子様のもともとの歯の問題と考えられます。
 お子様はこれからどんどん永久歯に交換してきますので色々な問題が出てくるかもしれません。また下顎も成長して来ますので顎のバランスも考えなければなりません。ですから、そのような成長、変化の流れの中で必要な時期に必要な装置で治療をして行かなければなりませんので先生とよくご相談をしながら頑張って治療を続けてください。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例  

5
 わたしは八重歯があります。上の歯両方で、前歯二本の隣の両方の歯が少し後ろ側に生えています。
 小学校の頃から笑うときは口をとじで笑おう。と思っていましたが私は結構明るい性格でやっぱり口をとじて笑ったりできません。。。
 わたしはずっと矯正がいやで我慢していたのですが、中学生になり、最近また気になりだしてきました。
 でもやっぱり矯正は嫌ななので矯正をせずに日頃から、行うことで少しでも並びがよくなる事はありませんか?
 前調べていたら舌で歯をおしていれば少しよくなる。というのが書いてありました。それは本当に効果的なのでしょうか。
 それともし矯正をしなければならなかったとき、裏側の矯正をしたいのですが、私の年齢でできますか?
 それと裏側の矯正はフツウの矯正に比べて値段は高くなりますか?
 長くなりましたが、是非質問に答えていただけるとうれしいです。
 よろしくおねがいします!

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 明るい性格との事ですがとても良いですね。
 そんな貴方が笑った時に口元からきれいな歯並びがのぞいたらとても素敵だと思います。
 そのためにはやはり貴方の場合、矯正が必要だと思います。舌や割り箸などで歯を動かすと言った話は時々聞きますが、これはコントロールが不確実で他に悪い影響を及ぼす事もあります。第一その状況を誰が管理するのでしょうか?大切な体の事です、やはり矯正専門の先生に診てもらうべきです。
 貴方の年齢では本格的な治療となりますが、主な装置は従来からの歯の表につける装置や、裏側につける装置があります。貴方の希望している裏側の装置(舌側矯正の事だと思いますが?)は一般的には見えないから良いと思われがちですが、治療に当たっては非常にやりにくかったり、細かなコントロールがしにくかったりしますし、患者様も舌などが切れたりして苦痛も多いようです。また、治療費も表の装置よりも高くなる事が多いよう出です。
 最近は歯の表でも歯の色に近いセラミックなどの装置がありますので貴方の年齢ではこれがおすすめです。矯正治療の目的には審美的な面、機能的な面(咬むと言う事)、そして精神的な面での改善があげられています。
 ですから、あれこれといつまでも悩まないでもっと前向きに”悪い歯並びをなおすんだ!”と積極的に治療に取り組んではいかがでしょうか?貴方の明るい性格ならだいじょうぶ。みんなの前でも大きな口をあけて笑って”私矯正をしてるの、きれいな歯並びになるからみんな楽しみにしていてね!”と言うぐらいじゃないとね!そう、一歩前へですね。ただ、費用も高額なのでお家の方ともよく相談して下さいね。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

5
 3日前に下の前歯の矯正を始めました。
 まだまだ慣れなくて、ご飯がたべれません。というのも、上の前歯が下の矯正装置に当たって、上の奥歯と下の奥歯の間が浮いている状態で何も噛めない状態です。歯を奥歯でくいしばることができません。
 先生には、下の前歯が内側に入るまでの間は仕方ないといわれました。ずっと奥歯で何も噛めないのでは辛いのですが、正しい治療なのでしょうか?

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 3日前に初めて装置を着けられたとの事ですね。
 貴方の場合は本格矯正をスタートされたのだと思いますが、一番最初に装置をセットした時には4~5日から1週間くらいは痛くて食事が出来なかったり、何もしなくても痛いと言われる方が多いです。しかし、それを過ぎると新しいお口の中の環境に体が対応してしまう場合がほとんどです。
 ただ貴方の場合は下の歯に着けた装置(ブラケットだと思いますが?)に上の前歯が当たって奥の歯が咬み合わないとの事ですので多分前歯の咬み合わせが深いタイプだと思われます。このタイプの人の場合、下の前歯の正しい位置にブラケットを着けると上の前歯がブラケットに当たって奥歯が咬み合わない事が時々あります。
 先生により異なりますが
 1.奥歯が咬み合うことを優先させてブラケットの位置を調節する方法。
 2.あくまでブラケットの正しい位置を優先させる方法。
 等があります。
 ただ、どうしても患者様の症状により当たってしまう場合もあります。貴方の状態はどうなのかはよく分りませんが治療の進行とともに改善されてくると思われます。ですから、先生とよくご相談をしながら治療を進められればと思います。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

 始めまして。11歳の娘の件です。
 前歯永久歯の根の部分に犬歯が斜めに潜っており、前歯の根を溶かし始めてるので抜歯を勧められました。その前歯の変わりに犬歯を引っ張る矯正をし、前歯に似せるように削ったり肉付けをするそうです。
 犬歯と前歯では全く形が違うのに大丈夫なのでしょうか?又、生えてきた犬歯のエナメル質とかを傷つけてて凍みたりしないのでしょうか?
 とっても心配です。アドバイス頂きたいのですが。
 よろしくお願いいたします。

こんにちは、タニ矯正歯科クリニック院長の谷 世志昭です。 
 前歯の根尖部に犬歯が埋伏して前歯の歯根を吸収することは希に認められます。
 今診て頂いている先生はレントゲンで確認されてお話をされているのだと思われますが、もしそうなら歯根の痛んだ状態によって異なってきます。
 1.その前歯を残し何らかの処置をする。犬歯は矯正により正しい位置に移動する。 
 2.前歯の歯根の状態が悪い場合には、その歯を抜歯して埋伏している犬歯を矯正により移動して抜いた歯の代わりをさせる。
 などが考えられます。
 ただし、おっしゃるとおり前歯と犬歯では歯の形や厚み等が異なるため審美的にも、上下の咬み合わせの関係からでも形態の修正が必要になるかと思われます。この場合形態修正のために歯を削るだけで済む場合もありますが、最終的に人工的に治療をしないといけない場合もあります。(御心配されている様な冷たい物がしみたりしない様にするため等のため。)
 いずれにしても現在の状況、抜歯の必要性の有無、その後の治療方法などについてよく御相談をされ治療をお考えになられては如何でしょうか。


お問い合わせは
矯正歯科 大阪 タニ矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医・指導医/院長 谷世志昭
556-0011 大阪市浪速区難波中2-8-91 中川ビル2F
アクセス 難波駅スグ(南海本線,近鉄,地下鉄各駅より4号・5号出口)
TEL.06-6643-1187(予約制)
診療時間.月・火・水・土・日:午前10:0013:00 午後14:0019:00
休診日.木・金・祝
機能的・審美的に優れた本格矯正治療を皆様に!
土日も診療。お勤め帰りに便利と評判です。

矯正友割
大阪 タニ矯正歯科 無料相談受付はこちら
タニ先生の「矯正治療についてよくあるご相談
患者様から喜びの声、症例

↑このページのトップヘ